目の下のたるみを解消するのに美顔器は効果なし!?

目の下のたるみを美容整形で解消するのにもリスクが当然つきまといます。美容整形を受けて目の下のたるみを解消する女性が増えている一方で後悔する女性もいます。では、美容整形のリスクにはどのようなリスクがつきまとうのか紹介していきます。
MENU

目の下のたるみを美容整形で解消するリスク

目の下の美容整形のリスク

 

目の下のたるみを美容整形で解消するのにもリスクがつきまとうということも考えないとけません。

 

最近はスマホやPC画面の見過ぎによる目元の老化現象は加速の一歩を辿っていますが、老け顔の印象を与えてしまう目の下のたるみの悩みを持つ女性が増えています。

 

そして目の下の悩みを解消する確実な方法として美容整形を受けて目の下のたるみを解消する女性も増えていると言われていますが、考えておきたいのが美容整形におけるリスクということです。

 

目の下のたるみの手術、というと視界に入ってくるメスのことを考え「なんだか怖い」というイメージを持つ人が多いかもしれません。

 

でも、実際に美容整形により、若々しい素顔を取り戻した女性も沢山いるのも事実だし、あなたの周りにもそういった方々がおられることでしょう。

大切なのは患者自身がきちんと手術の種類や内容について知り、クリニックや解消法を選べるだけの知識を持つこと。「勧められるままに」手術を選んでしまっては、「こんなはずじゃなかった」ということにもなりかねません。

 

では、次にとある失敗事例を取り上げます。

 

目の下のたるみの美容整形手術3つの失敗事例

 

では、これまでにどのような失敗事例があるのか代表的なものを3つご紹介します。

 

失敗事例その1:40代女性

 

目の下のたるみを解消すべく、脱脂法という方法で手術したが、完全に失敗。脂肪をとりすぎたのか、目全体が落ち窪んでしまい、たるみはなくなったもののシワがひどく影クマも幅広く広がってしまいました。

 

久しぶりに合った知人の目の下のたるみがなくなっていたので、紹介してもらい、私も同じドクターに施術してもらいました。

術後2週間以上経っても目が充血したままで、白目部分がゼリー状になっていました。眼下で診てもらったところ、手術によってまぶたが閉じなくなっていることが原因と言われ、たるみの状態は人によって様々なもの。丁寧なカウンセリングが必要だということ。

 

ちょっとした恐怖心があり、最初はメスを使わない施術を検討していたのですが、目の下のたるみがひどいので、「切開しなければ解消できない」と言われ、切開法にチャレンジ。手術から半年経った今でも、目の下の傷が目立ちます。

 

ミミズ腫れのようにぷっくりと浮いてしまっているので、コンシーラーなどで隠すこともできず、いかにも「整形しました」という感じ。

私の場合は、もともと傷がケロイド状になりやすいのがよくなかったみたいです。
今でも、やっぱりメスを使わない施術にすれば良かったと、鏡をみるたび後悔の日々。

 

失敗事例その2:40代女性

 

久しぶりに合った知人の目の下のたるみがなくなっていたので、紹介してもらい、私も同じドクターに施術してもらいました。

 

術後2週間以上経っても目が充血したままで、白目部分がゼリー状になっていました。

 

眼下で診てもらったところ、手術によってまぶたが閉じなくなっていることが原因と言われました。

 

同じ手術だから大丈夫だろうと気軽な気持ちで受けてしまった私にも責任がありますが、たるみの状態は人によって違うのだから、カウンセリングでもっと丁寧に診てもらいたかったです。

 

失敗事例その1:50代女性

 

最初はメスを使わない施術を検討していたのですが、目の下のたるみがひどいので、「切開しなければ解消できない」と言われ、切開法にチャレンジしました。

 

手術から半年経った今でも、目の下の傷が目立ちます。

 

ミミズ腫れのようにぷっくりと浮いてしまっているので、コンシーラーなどで隠すこともできず、いかにも「整形しました」という感じ。

 

私の場合は、もともと傷がケロイド状になりやすいのがよくなかったみたいです。

 

やっぱりメスを使わない施術にすれば良かったと、鏡をみるたび後悔しています。

 

この事例をみてもわかるように、選択する医師や医師とのカウンセリング・コミュニケーション不足による失敗事例が目立つように感じましたね。

 

 


目の下のたるみ解消の美容整形の施術の種類

まとめ

 

目の下のたるみは、自分の実年齢よりも上に見せてしまうため、できるだけはやく解消したいもの。美容整形では自分の目の下のたるみの状態に合わせて手術を選ことが大切になります。そのためにもしっかりとカウンセリングをしてくれるクリニック選びが重要です。

 

しかし、費用も時間もかかる分、目の下のたるみ解消に対しての期待値が大きくなるでしょうが、思ったような効果が得られなかったり、逆にリスクになってしまうということも往々にしてありえるということは、理解しておきましょう。

このページの先頭へ